最近起きた一連の事件につきましては、去る8月22日金曜徹夜礼拝で発表した通り、金圭東(キム・ギュドン)牧師が今回の事態の責任を認め、謝罪し、すべての職を辞任しました。
(参照:金圭東お詫び

現在は、先週の主日(8月24日)諸職会と教職者先生たちの同意の下、非常対策委員会(以下、非常委)が構成され、ほぼ毎日会議を開き、真相究明及び、教会が回復される為の知恵を集めています。

非常委は、教職者が2人、按手執事2人、男子執事3人、女子執事2人、日本部2人、中国部1人、オブザーバーとして青年2人がおり、総勢12人の委員とオブザーバー2人で構成されています。一遍にすべてのことが解決されることは難しいかもしれませんが、すべての聖徒が祈りながら、心と知恵を集めて全うなより良い教会に生まれ変わることを信じ、一生懸命に取り掛かっています。

そして、近日、ヨハン教会の全教職者先生たちも共同声明を発表する予定です。
参考までですが、去る金曜徹夜礼拝で発表されたお詫びと、全教職者の共同声明文は、教会のホームページで見ることができます。現在まで非常委で合意された内容は次のとおりです。

1.礼拝について

  • 真相調査の対象となる者、また金圭東(キム・ギュドン)牧師の家族ではない方がメッセージを担当します。
  • 平日の礼拝は、上記前提の上、東京教会の教職者が担当します。
  • 主日礼拝の場合、韓国部は外部の牧師先生を招聘しますが、8月31日までは時間的に迫っているので、とりあえず内部の教職者が担当する予定です。
  • 日本部と中国部は、基本的には韓国部/日本部の教職者が担当しますが、場合によって招聘牧師が担当することもあります。
  • 現在の招聘状況です。
    シン・ギヒョン牧師、ユン・ヨンタク教授が総4回いらっしゃいます。
    ホン・ジョンギル、イ・ドンウォン、ジョン・ピルド、キム・アンシン、ジ・ソンオプ牧師、韓国合同神学大学の教授など、高名で、聖徒たちが納得できる方の中から選定を進めています。
  • 平日礼拝は今まで通り行います。

2.お詫びと地域教会の教職者非常対策委員会の結成経緯の説明について

  • 韓国部のホームページにはすでにお詫びを掲載しました。主日礼拝のお知らせ時間を通して、非常対策委員会の正式な発足と運営について説明します。
  • 日本部と中国部、韓国部青年は、真相究明の対象となる内容自体に対して理解が不十分である為、木曜礼拝、金曜礼拝、土曜青年礼拝を介して、該当内容について説明するかどうかを、各部が決め、関連内容(ホン・ヨウンスン牧師の説明会映像、調査経緯書など)を非常委が審議し、実名編集と翻訳が終わり次第、各部に提供いたします。

3.定款改正のための小委員会

  • 非常委のイ・ギョンウン幹事、キム・ゴンス執事参加の下、韓国部/日本部/中国部で構成され、日本部に在籍している法律関係者も参加します。
  • 韓国と日本教会の模範的な定款を参考にします。

4.被害者に対する補償と和解のための委員会

  • ムン・ヨンジュン宣教師、女子宣教会の推薦によるオ・ギョンミ執事が東京教会の代表として参加、地域教会の代表団から2人、外部の専門家1人が参加して総5人で構成されます。

5.牧師招聘小委員会

  • 牧師招聘小委員会が必要であり、その人員を早急に組織します。

6.YICS

  • 非常対策委員会ではPTAの結成が必要であることを認識し、PTA結成を勧告し、PTA構成を進めています。
  • 教会の財政との分離が必要であり、過去8年間の財務報告を財政部に要請しました。

7.牧師辞任と委任状の状況

  • 正式な文書を作成し、法的辞任手続きの協議を迅速に進めています。
  • 地域教会の教職者代表団とも協議しながら進めております。

8.教会発展小委員会の構成

  • 教会の全般的に誤った慣行と、様々な問題を正確に把握し、改善の方向を提示することを目的としています。
  • 記名で提案できる非常委の代表メールアドレスを設けました。
    committee@yohan.or.jp
  • 非常委の運営と案件、提案に関連しては、正確に本人の名前と所属を明記した上、発展的な意見を提案してください。

9.財政関連の分化組織の必要

  • 透明な財政管理のため、会計事務所を選定して、献金を委託管理するようにします。
  • 会計法人が選定されるまで、今週から財政小委員会が発足して、献金の計算、管理などに参加し、信頼できる透明な献金管理とシステムを提案、最終的には、会計事務所に献金管理を委託するようにします。
  • 現在までの財政と今週からの財政を区別するために、口座の分離を要請しました。
  • 現在の財政状況についての報告を求め、今度の主日にある諸職会で第一次財務報告が行われる予定です。

10.ご協力とお願い事項

  • 現在出回っている噂で、男女宣教会に新天地などの異端がいると、ある教職者が青年部にお話した件に関しましては、該当教職者と本人に確認した結果、事実ではないことが確認されました。
  • 確認されていない情報に関しては、SNSなどに掲載したり、他人に伝えることを自制し、必ず非常委に確認をお願い致します。

11.非常委からの祈り課題

  • 非常委の委員一人一人に聖霊の知恵が与えられ、主の導きに従順することができるように
  • 全生徒と教職者が罪を告白して悔い改め、主の体である教会が回復され、再び正しく立ち直るように
  • 各々小委員会の構成が円滑に行われて、実質的な解決策が提示されるように