“また、イエスは言われた。「ある人に息子が二人いた。 弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄使いしてしまった。何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた。それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。そこで、彼は我に返って言った。『父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。 ここをたち、父のところに行って言おう。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。 もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』 そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』 しかし、父親は僕たちに言った。『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。 この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。』そして、祝宴を始めた。ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた。そこで、僕の一人を呼んで、これはいったい何事かと尋ねた。僕は言った。『弟さんが帰って来られました。無事な姿で迎えたというので、お父上が肥えた子牛を屠られたのです。』 兄は怒って家に入ろうとはせず、父親が出て来てなだめた。 しかし、兄は父親に言った。『このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる。』 すると、父親は言った。『子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。』」 “

  ここに登場してくる『放蕩息子』に注目すると、見失うものがあります。それは、父親の存在です。失われていた息子のように、失われた父親を見ることができます。

  二人の息子がおり、病で寝込んだり、年をとって動けなくなったりしているわけでもなく、息子が結婚したという記述もありませんから、恐らく中年ぐらいの父親でしょう。放蕩の限りを尽くした息子は、さらに財産をくれ、と頼みに来ます。普通の親なら、激怒することでしょう。このような誤った発言に対し、大いに怒ってもよかったのに、父親は赦したのです。ここに、力なき全能者の姿があります。


  全宇宙を支配する神が、これほど力を無くすとは、一体どうしたことでしょうか?この父親に、何の力があるというのでしょう?何故これほど無力な父親として描かれなければならないのでしょうか。15:21と15:29の間には、大きな違いがあります。ある人は、前者は悔い改めて帰ってきた息子、後者は妬みに燃えた不平不満をつぶやく息子であると。下の息子は、父親に向かって、「お父さん、」と呼びかけています。ここに注目しましょう。こう呼びかけるのは、父親の権威を尊重している証拠です。一方、上の息子は、「お父さんに、」と行っているのに気づきますか?「お父さん、」と「お父さんに」には、大きな差があります。上の息子の発言は、父親の権威を脅かし、弟の命を奪わんばかりであります。

旧約聖書のエステル記を読むと、アーサー王が、大宴会を催したシーンが出てきます。しかし、王妃のせいで、王の面子が台無しになってしまったのです。そんな王妃を、王はほったらかすことはできません。もう、心は怒り上がるようでした。そうして、王妃を退位させたのです。そこまでするのが、ユダヤの方式です。しかし、父は子に手を下さないのです。神に対し、私たちが指差せば、全ての指差しは、自分に向けられるのです。私たちの中で、罪の無いものがいるでしょうか。もし、神が私たちの罪・とが・過ち一つ一つを裁かれるなら、誰一人、主を礼拝し、賛美することはできないでしょう。神様は、だからこそ無気力でなければならないのです。しかし、決して無気力なのではありません。私たちが救われるために、忍耐強く長く長く待っておられ、あまりの熱情をもって、私たちを愛しておられるのです。


  長男を見てみなさい。彼は、たった子羊一匹にこだわって、腹を立てているのです。それゆえ、長男は、父と呼びませんでしたが、父親の方は「子よ!」と呼んだのです。28節を見ると、父親が出てきて、なだめた、とあります。どうしてその方が手を合わせて、おねだりしなければならないのでしょうか?神様の方がねだり、子供たちにお願いするのです。神様が用意した宴会に招待するために、命の宴会に入ってくるように、願っているのです。20節を見ると、まだ、遠くにいる息子のところまで走り寄っていく父親の姿があります。ずっと、本当に会いたかった息子が帰ってきたのです。あまりにも嬉しくて、父親自ら走っていきました。


  当時の中東の状況を研究した学者によると、気候の都合により走りたくても走れない環境にありました。また当時の服装は、今日のような2ピースではなく、ワンピースでしたから、走るためには、服を捲し上げなければならず、肌をさらけ出すことは恥ずかしいとされている文化の中では、相当な勇気のいることでした。またそもそもその地は、聖なる土地であるから、走って汚してはならなかったのです。さらに、放蕩息子のことは、村全体にも知られていました。このような脱落者のような息子の行いは、共同体意識の極めて強い村においては、村全体を傷つけたことにもなるのです。だから、村に帰ってきた息子を見つけるやいなや、村のみんなが、彼を殴りつけ、つばをはきつけ、倒される危険性もあったのです。大切な息子を、そうされてはたまらない、と、村の者に発見される前に、自分から鎧になってあげようと、父親は走りよったのです。父親は、愛によって、覆ってあげたのです。

  イスラエルでは、もっとも貧しいものの象徴として「豚」が使われます。ユダヤ人は本能的に、豚を嫌います。15:16に書かれているように、豚の食べる「いなご豆」というのは、最底辺の貧しさを示しているのです。世界が何でも私にあげるようにいいますが、それはあり得ません。Nothing! この世が、この放蕩息子に与えてくれたものは何もなかったのです。15:22しかし。父は与えました。父は、その子の状況を、人目みて分かったのです。息子の恥を理解したのです。ただのジーンズとTシャツではなく、最も良い服を持ってきて、さらに子牛を贈ったのです。最高のもので、Specialなのです!!神様は、家を去った息子を奴隷でも僕でもなく、一番良いもので満たしてくださる御方です。同様に、父が与えた「指輪」は、相続権を意味します。神様の愛は、際限がないほどに、もっともっと豊かに与えて下さいます。

  詩編23篇を読んで見ましょう。He is my Shepard. 私の羊飼いとなってくださった故に、惜しいものはないのです。主が、私の人生の導き手となって下さいました。神様は、息子を赦してあげました。彼の誤った過去をいちいち問いたださなかったのです。神様の赦しを信じましょう。15:30自分の弟のことについて、風のたよりで聞いたのか、ただ財産を無駄遣いしたとしか書かれていないのに、娼婦と共に身上を食いつぶしたと罵り、兄弟とも認めていない様子です。なぜなら、「弟」のことを、父親に向かって、「あなたの息子」と言っているからです。さらに、弟が戻ってきたことを、ただ無くし物が返って来たように、単なる物理的次元で話しているのです。そんな長男に対し、15:32で父親は、「あなたの弟」と、兄弟の関係を回復させています。父にとっては、単なる物理的次元ではなく、命の次元なのです。

  第1コリント13章の「愛」を「父」に置き換えて読んで見て下さい。
“父は忍耐強い。父は情け深い。ねたまない。父は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。”

  神の愛とは、父の姿なのです。今もこのように私たちを愛しておられます。私たちが父の愛を見つけたとき、天国を見るのです。最後まで正直でありなさい。そして、神様に祈りなさい。子供たちと一緒に、神の愛を体験することを祈ります。私たちは、そんな神の愛を伝えていきましょう。私たちには人を変えることができませんが、神の愛は人を変えられます。ルカの15章は、未完成です。それは、1人の方によって、完成されます。自分自身が主の元へ戻るとき、主が示して下さった父の愛に戻るとき、心に天国が宿るのです。父の愛がまだ足りずに、憎しみ合う人こそ、愛する対象です。神様が私たちにねだっておられます。何一つ足りないものがないように、惜しみ無く豊かに与えて下さる主の家に帰ることを…。